スマートフォンサイトを表示する

選ばれる理由

冬は温かく夏に涼しい家、自然災害に強い家、長く安心して暮らせる家など、お客様からグローバルホームが選ばれる理由をご紹介いたします。
金物工法

金物工法とは?

木造住宅を建築する際に、従来の木造軸組み工法では、柱などをくりぬき、そこに梁を組み合わせるなどするため、木材の欠損部分が大きくなり、地震に弱いのが弱点でした。
そこで、この弱点を改良する為に誕生したのが、金物工法です。
接合金具を使用することで、木材の削り取り部分を最小限に抑えつつ、しっかりと軸組みを固定することができます。
従来の木造軸組み工法と比べて、きわめて耐震性に優れているため、“地震列島”と呼ばれている日本には適した建築法として広く普及しつつあります。

地震の揺れにも十分に耐えられる接続金具を利用

地震の揺れにもビクともしない軸組をつくる建築金具には、その金具自体が、突然の大きな力にも十分に耐えられる強度を持っていることが求められます。
グローバルホームでは、専任の実験スタッフによる接合部の強度実験を行い、長年培われた経験と製造技術を駆使して開発され、確かな実績を誇る接続金具「テックワン」を使用しています。
皆さんの安心・安全を守る部分だからこそ、一流の金具を利用しています。

暑い場所から寒い場所まで様ざまな環境で活躍します

地震の揺れにも負けない「木の家」をつくる『金物工法』は、その長所を生かすために十分な強度の確認と加工精度の安定、適切な施工技術による信頼性が欠かせません。
グローバルホームでは、熟練の技術者達が、安心と実績の施工技術で地震に強い家づくりを行います。

ページの先頭部へ戻ります